実印が必要な場面

住民登録されている市区町村の役所に戸籍上の姓名が彫られた印鑑を登録したものを実印と呼びます。
実印と聞くと、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか。
印面のサイズが大きく、複雑に彫られた文字で、象牙など高級な印材が使われたものを思い浮かべる人も多いと思います。
しかし、そういった立派な印鑑も、役所に登録しなければ実印として使うことはできません。
一方、たとえそれが文具店で市販されている既製品の印鑑でも役所に届け出るとそれが実印と呼ばれるようになります。

ただし、こういった既製品を実印と登録すると、偽造や複製、コピーなど、なりすましの危険性もはらんでいるためあまり届け出ないほうが賢明といえるでしょう。
実印は登録者自身を証明できる唯一の印鑑になります。
権利や義務といった法律に関する事柄に関連する印鑑なので、できれば印鑑専門店などでオリジナルの一本を作成してもらうようにしましょう。
家族で同じ実印を使うのもあまりお勧めはできません。
家族であっても銀行印や認印とも別々のものを使うようにしてください。
また使用する際も、書類の内容を良く確かめ、捺印は慎重に行うようにしましょう。

さらに実印は、信用を左右する場合があるのでご注意を。
普通の認印のようなものを実印登録していると、いい加減な人物のような印象を与えることもあります。
実印は高い印材のものを買えばいいというものではありません。
大切なのは長持ちするかどうかということです。
こまめに手入れすることで、手頃な価格の印鑑でも長く使うことができます。

*このサイトは現在準備中です
印鑑のサイズと用例
http://www.long-thibaud.jp/
中小企業 - 作業必要項目書
http://hokkaido-e.net/
印鑑通販 No.1【年間27万件!楽天】印鑑のハンコヤドットコム
http://www.rakuten.ne.jp/gold/hankoya/